見学スタート

成形品の原料となるプラスチック材料の受入を行います。
材料のロットと品質を検査成績表で確認します。
受入れた材料を保管しているエリアです。1つの工場で100種類以上の材料を保管しています。
製造部門が必要なときに供給できるよう、生産計画と連動した適切な在庫管理が重要になります。
顧客の発注に応じて生産計画を作成します。パソコンにインプットすることで、各ラインのモニターに表示されます。
各ラインのモニターには生産実績も表示され、リアルタイムで計画と実績の進捗を確認しています。
2500トンの大型成形機でインストルメントパネルを成形しているところです。
森六テクノロジーの工場では、100トンから2500トンサイズの成形機を保有し、大きさの異なる様々な製品を生産しています。

ロボットで車の内装部品であるパネルの塗装を行っています。
この製品はお客様が常に目にするものですから、ゴミやキズなどの外観には最大の注意をはらって生産しています。
大型ロボットでバンパーロアスポイラーの塗装を行っているところです。
当社の外装塗装ラインは、2m超の製品まで塗装することができます。クリアーな外観を出すため、最大4種類の塗料を塗り重ねて製品を完成させます。
振動溶着を行っているところです。
振動溶着とは、2つの部品を重ね振動を与えることで、摩擦熱によって溶融結合させる技術です。溶着の強度を保証するため、1個毎の条件管理や定期的な測定試験を行い徹底した品質管理をしています。
インストルメントパネルの組立て工程です。成形された本体に30種類以上の部品を組付けて完成させます。
完成検査では、お客様の目線で外観や合わせ具合を確認し、開閉確認や作動確認を行った上で良品になります。
製造されたロット、製造条件をバーコードで全て記録し、市場に出てもその製品がいつどんな条件で生産されたか追跡できるトレーサビリティーのシステムを導入しています。
写真は強度などを測定する試験機です。日々生産される製品の品質を保証するため、生産ロットごとに抜き取りで試験を行い、その記録を保管しています。
フロントグリルのメッキモールを検査員が目視検査をしているところです。
意匠性の高い製品ですから、1本ずつ外観のキズ、異物、くもりなどないかを丁寧に検査します。
工場内で完成した製品をトラックに積込み出荷するところです。決められた時間・場所に指定された製品を確実に届けなければなりません。製品を入れる容器や台車は、輸送中に製品が傷つかないよう、製品毎にテストを行って決定されます。