順路3:技術の歴史|森六テクノロジー株式会社
トップ > 森六ミュージアム > 順路3:技術の歴史

順路3:技術の歴史

展示品

展示品

解説

手前の二輪部品は、CBX-400 F用フェアリング部品で、森六の二輪部品の象徴的存在です。当時、日本の市販車としては初のフェアリング部品でした。また、森六の塗装部品の先駆けでもあります。
奥の部品は、インスパイアのコンソールです。森六の技術の1つである「パウダースラッシュ成形」で、皮やステッチの質感を再現し、重厚感があります。
 

Cookiesの使用について

同意

本サイトは、webサイトを快適にご利用いただくためにクッキー(Cookies)を使用しております。
ブラウザの設定を変更せずに、このままご利用を継続されると、Cookiesの使用に同意されたとみなされます。
なお、今後いつでもブラウザの設定を変更いただくことができます。
個人情報に関する方針についてはこちらをご覧ください。
http://technology.moriroku.co.jp/privacy.html