トップ > 研究・開発

研究・開発

 

開発方針

全体写真
森六テクノロジー開発部門が目指すものとして、
時代は環境保護や人間の感性にマッチした商品を求めていることを自覚しながら、創造性と技術力をもって顧客の要求応えることです。
その要求に対し、森六の強みである高品質製品を生み出す企画、開発、設計から生産までの一貫したモノづくりラインを活用した独自性ある製品開発より軽量化、高外観、高操作性など様々な製品を造りあげてきました。
また、開発スピードの要求に対応できるよう、高性能3DCADとナレッジテキストを活用した独自の高効率設計システムやグローバル拠点を活用した今までにない設計開発体制への取り組みなど、スピード開発で大きく顧客に応えてきました。
今後もこの開発体制を更に強化し、時代の求める製品をタイムリーに提供できるよう取り組んでまいります。

開発フロー

市場調査
開発をスタートする前に海外自動車ショーを調査し、コンセプト構築を行います。
企画
ユーザーニーズや各社トレンド分析よりオリジナル商品の企画提案を行います。
設計開発

設計
顧客要望と生産性を考慮した設計を行います。

アジアサテライト
日本(栃木県真岡市)を発信基地としてベトナムに設計サテライト拠点を設け、独自のシステムにより設計開発業務の高効率化に取り組んでいます。

CAE
図面段階での機能評価をCAEを用いたデジタル開発を行っています。
流動解析・構造解析・熱害解析などを行います。

生産性検討
工場部門と合同でのデザインレビューを行います。

試験

製品保証するまでの各種試験評価を実施します。

測定顕微鏡による塗装膜厚測定

エアバッグの展開性能評価試験

インストルメントパネル複合振動試験

インストルメントパネル乗員保護性能
試験

顧客プレゼン

国内外で技術展示会を開催し、客先に完成した製品のプレゼンを実施します。

技術展示会(国内)

技術展示会(海外)

開発メンバー